割り切り募集

 割り切り募集していたデブスの肉体で、男になれました。
正直、それなりに納得した気分だったりもします。

 全然出会いがなくて、ずっと童貞のまま。
身長は低いし、太り気味だし、不細工だし、恋人作った経験がありませんでした。
29歳にして童貞。
セックスへの渇望は、日増しに強くなっていく一方だったのです。
30歳になる前に経験しなければならない。
女の子の体で気持ちよくなりたい。
だから、金銭支払いの関係で経験しようと思いました。

 割り切り募集していた26歳にメールを送信。
割り切り募集なだけに、返事もとても速く、1時間後には待ち合わせが可能と言ってもらえたのです。
支払いは2万円。
キス無しゴム有りの標準的な条件でした。
チャンスを逃したくなかったですから、すぐに会っていただくことになりました。

 ぶっちゃけ、相手デブス系でした。
とんでもなく醜い顔ではなかったため、それなりの安堵感があったりして。
30歳を前に初体験をしなければいけませんでしたから、相手を選ぶ気持ちはありませんでした。
挨拶だけでラブホテルに入れた時、ものすごい安堵感と共に猛烈な卑猥感を感じて興奮を始めてしまったのです。
セフレが欲しい
すぐに裸になって、立ち上がったチンコを相手に見せました。
にっこり笑って手コキをはじめ、そしてフェラ。
これって滅茶苦茶気持ち良いのには、ひたすら驚かされた感じです。
ベロベロしゃぶりまくってくれるんだから、童貞の心は踊りまくってしまいました。

 初めての女の子の肉体って、本当にエロいなって感じ。
デブスだったけど、女の体には間違いがなく。
オッパイの感触とか、最高。
オマンコの形とか臭いのエロさと言ったら他にはありませんでした。
そして待望も、ゴム付きではあるけれど挿入開始でした。

 割り切り募集の女の子の肉体で、初体験に成功。
ものすごい安心感と共に、もっとセックスを楽しみたい気持ちも強めてしまっていました。
あれから、割り切り募集の女の子を引っ切り無しに探してしまっています。
セフレが見つかるアプリ
セフレ募集アプリ

パパ活アプリ

父が大っ嫌いです。会うたびに「大学行かせてやったのに中退して、フリーター生活を送りやがってちゃんと就職しろ。」もう聞き飽きた言葉。母は「お父さん口が悪いけれどあなたのことが心配なのよ。」と、言ってくれますが、昔から厳しい父が私は嫌いでした。
ある日、友達がルームシェアしないと誘って来たので私はそれを機に家を出て行きました。父は怒っていましたが、そんな父は無視。母には連絡先を一応伝えておきました。
友達作りTalk
最初は楽しかったけれど、ルームシェアは実家で暮らしていた時よりもお金が必要になる。バイトだけだと厳しいと感じた時に一緒に住む友達がパパ活アプリを利用していたので私もパパ活アプリをしたくなり友達に相談すると「パパの友達を紹介してあげようか。1人募集している人がいるんだ。」ラッキーと思った私はすぐ紹介をしてもらい次の土曜日に会いました。友達とそのパパも一緒だったので不安はありませんでしたが、その男性が意外とおっさんすぎて一緒に歩くのが嫌だなと思ってしまいましたが、友達のパパもおっさんだったのでこれが普通なのかなと思うようにしました。そして、4人で酒を飲み帰る時間になる頃にはパパになる予定の男性からタクシー代を多めに貰いました。しかもお釣りはいらないと言ってくれて太っ腹なパパに好印象を持ち後日二人で会うことになりました。
2回目にあった時は高級レストラン。食事が美味しい。その後、買い物に付き合いました。買い物中は私がいいなと思っていたキーケスを買ってくれてこれは楽に欲しいものが手に入ると思いました。
セフレアプリ
セフレアプリ

オナ電

高校の時なんだけど、彼女の名前がエミで、クラスの一人の女の子の名前がミエで、間違って電話かけちゃったことあるんだよね。
それで気をつけないとーって自分でも思ってたんだけど、とっさに間違えちゃうことも多かった。
最初の頃は、「また~彼女さんと間違えてるよ!」って指摘されてたんだけど、だんだんとなんかわざと間違えてるみたいな?
ミエと話してる時の方がなんか楽しい?って思えるようになってて。
それで、後半の方は、「また間違えちゃった~」なんて言いながら、電話するようになって。
向こうも待ってるんじゃないかな?なんて気がして・・・
それでオナ電なんかに持って行っても大丈夫なんじゃないかって気がして・・・
つい、オナ電に誘っちゃったんだよね。
オナ電を無料でする
最初は「そういうの、彼女さんとしなよ」って断られてたんだけど、それでもめげずに「胸、けっこうある方だよね」とか「実は大胆な下着つけてそう」って軽く冗談めかして言ってみたの。
もちろん、オナ電なんかそうそうOKしてくれないけど、段階を踏めばOKラインが広がることがある。
その頃にはもう俺もエミと上手く行かなくなってきてて、そういう噂も校内で広まってたし。
ミエの方も、彼女と別れてるって思ってたんじゃないかな。
オナ電に応じてる時は、もう彼女さんがどうのこうの、なんて言わなくなってたし。
それに明らかに俺のオナ電待ってるっぽいんだよ。
学校でも目配せしてくるし。俺のこと、好きになってる?なんて勘違いじゃなくて本気で好きになってくれてるのかもって期待もしてたし。
若い時だから、可能性があると思えばガンガン行っちゃってたからね~。
オナ指示
チャットオナニー

イメージプレイ

高校生の頃好きだった隆君。私は親友に相談してアドバイスなどしてもらいようやく隆君と付き合えるようになりました。幸せでした。しかし、付き合って半年の頃。学校が休みの日に隆君とデートする予定が体調が悪いから無理と言われ断られ、1人でショッピングしました。すると、隆君と親友が手をつないで仲良く歩いている姿を発見しました。私は思い切って2人に声をかけると「ごめんね。私も隆君のことが好きになっちゃった。」「俺もお前より聡美の方が好きになったから別れよう。」辛かった。親友に彼氏を奪われたけれど、それでも親友は私に普通に話しかけてくるのでどういう神経をしているのかと思いました。
痴漢されたい女性と一緒に満員電車に乗る約束をする
大学も何故か一緒の大学に通いました。その時には親友は隆君と別れ、同じサークルの先輩を好きになっていましたが、私らこの機会に先輩を私が奪おうと親友にバレないところで色々しました。イメージプレイして、お陰で先輩と付き合うことになりました。そして、親友が告白する日に私は親友の前で先輩と手を繋いで一緒にいる姿を見せびらかしました。その姿を見て何も言わなかったけれど、親友は以前より私に話しかけることは減りました。
その後は親友に先輩を取られないように努力しました。先輩は少しスケベなので色んなイメージプレイをして飽きられないように努力しました。そのおかげもあって先輩は私に夢中で他の男性と話すとすぐにやきもちを焼きます。正直、私が少しうざくなってきたので親友にあげようかなと思います。
待ち合わせ痴漢
イメージプレイ